読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Observe

モノ、人間の心とカラダ、自分自身、etc. 森羅万象を見つめる俯瞰的「観察日記」です。

奇跡?

境界標(遠景)

f:id:A-win:20161003150925j:plain

 

境界標(近景)

f:id:A-win:20161003142409j:plain

雨の中、官民立会は何の異議も無く、無事に完了しました。

 

※官民立会とは、民地の所有者と役所の人と、道路挟んで反対側の民地の人

 が現地に集まり、民地と道路(公道)との境界線を確定させる測量作業です。

 この作業をすることによって、道路の幅(幅員)が確定されます。

 1ミリでもずれると、道路の幅や民地の面積も異なってくるので、

 とても神経を使う作業なのです。

 例えば、公道に接する間口が10mあって、公道と民地の境界線が、

 民地側に1センチ(=0.01m)喰い込んでしまった場合、民地の面積は単純に

 10m ✕ 0.01m = 0.1平米 少なくなりますでしょ?

 0.1平米は坪換算しますと0.03坪になります。

 これが仮に銀座の土地としましょう。銀座の土地相場は一坪当たり1億円です。

 0.03坪 ✕ 1億円 = 300万円也。

 どうですか?境界標がたった1センチでもズレ込むと、

 300万円も価値が下がるのです。怖いでしょ?

 ですから測量の立会というのは、互いの欲望と欲望がぶつかりあってしまう為、

 とても神経を使う作業なのです。ですから、何の異議も無く無事に終えると、

 ほっとするのです笑

 ご参考までに2枚目の境界標近景(シルバーの頭が十字に切られてる鋲)の写真を

 ご覧下さい。

 普通、朱線で示すようにL字溝の際が道路との境なのですが、

 

f:id:A-win:20161003150559p:plain

 ここの場合、青線で示すようにL字溝の際から道路側に少し飛び出してますでしょ?

 

f:id:A-win:20161003150746p:plain

 これはつまり民地の人はラッキー! 民地の面積が増えるということなのです!!!

 

 

 

そして明日の天気はというと、、、

f:id:A-win:20161003142535p:plain

なんと!

 

ゴルフできそうじゃないですか!

 

さすが晴れ男!