読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Observe

モノ、人間の心とカラダ、自分自身、etc. 森羅万象を見つめる俯瞰的「観察日記」です。

自分が弁護士化してきている気がする、、、

皆さん、弁護士と向き合って話をしたことがありますか?

 

 

弁護士も様々で、全部が全部ではないのですが、

 

私個人的な見解では、弁護士にはある「共通点」があります。

 

それは、

 

「世間話や余談や無駄話をしない」ということ。

 

営業マンの人は、打ち合わせの際にお客様宅へ訪問したときなど、

 

まず初めに天気の話とか、今日のニュースの話とか、出されたお茶菓子の「お皿」を褒めたりだとか、

 

そういった話をすると思うのですが、

 

弁護士にはそういったことは一切ありません。

 

訪問し、席に着いた途端、「早速ですが」と言い放ち、

 

いきなり本題に入ってきます。

 

余計なボロを出さないためなのか、時間に追われて動いているのか、

 

その理由は定かではありませんが、

 

私が接してきた統計上、

 

多くの弁護士に共通して言えることです。

 

そして気づいてしまったのです。

 

自分自身も、そうなってきていると、、、

 

特に「電話」のときなんかは、

 

一切余計な話をしなくなってしまいました。

 

要件だけしゃべる感じ。

 

相手が世間話を仕掛けてくると、

 

「時間がもったいないので早く話し終えてほしい」

 

と思うようになってきてしまったのです。

 

もちろん、ビジネスの電話の時の話ですよ。

 

でもそんな癖がついてきてから、ふと、気付いたのです。

 

話をする際、「結論」と「理由」と「目的」が整理され、

 

シンプルでスマートで相手にわかりやすい「伝え方」ができてきている、

 

そんな自分に気づいたのです。

 

まぁ、私のトーク技術なんて幼稚なものですが、

 

いままでの自分よりかは、

 

伝えたいことを明確に相手に伝える技術は磨かれた気がします。