読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Observe

モノ、人間の心とカラダ、自分自身、etc. 森羅万象を見つめる俯瞰的「観察日記」です。

今日の「らくだ」最高だった。

私の好きな落語家四人の内の一人、

 

桃月庵白酒師匠の独演会でした。

 

ワンドリンク(生ビール)付の、前から二番目の席。

 

唾でも浴びてあやかりたいものです。

 

桃月庵はまぐりの開口一番は「安兵衛狐」。

 

白酒師匠の三席は、

 

一、「だくだく」

二、「付け馬」

三、「らくだ」

 

でした。

 

根多(ネタ)は当日、その会場、その観客の雰囲気などで決めるそうです。

 

なのに、

 

「付け馬」の話の中に「だくだく」の一節を盛り込むなど、

 

天才の所業を感じてしまうのです。

 

私はまだ落語初心者なので、「だくだく」と「付け馬」は初めて聴きました。

 

動きも含めて、面白かったです。

 

「らくだ」は何度か聴いたことがあり、

 

春風亭一之輔師匠の「らくだ」が最高に面白いと思っていましたが、

 

白酒師匠の「らくだ」もかなり面白かったです。

 

同じ噺であっても、噺家が違えば、面白さも変わってくる。

 

また、同じ噺家が同じ噺をしても、

 

アレンジが加わったりと、前回とは違った面白さがある。

 

そういったところも落語の面白さの一つですね。

 

6月の春風亭一之輔師匠独演会のチケット、

 

早速買ってしまいました。

 

座席は一番前です。

 

唾浴びたい!

f:id:A-win:20170328143806j:plain

f:id:A-win:20170328143842j:plain

f:id:A-win:20170328143918j:plain

f:id:A-win:20170328143937j:plain

f:id:A-win:20170328144003j:plain