Observe

お金、モノ、人間の心とカラダ、自分自身、etc. 森羅万象を見つめる俯瞰的「観察日記」です。

驚愕の複利パワー。

自分の年収に応じた限度額の範囲内であれば、

自己負担2,000円で済むという素晴らしい制度の「ふるさと納税」。

それを楽天市場にて楽天カードを使って支払うと、楽天ポイントが貰える。

自己負担2,000円のところ今回は2,600ポイント(=2,600円として利用できる)も貰えるので、

結果的に自己負担0円どころでなく、

モノが届き、600円儲かってしまうという事実。

f:id:A-win:20171020131643p:plain

そして儲かったこの600ポイントをedyにチャージしてedyでお買い物すると、

更にポイントが貰える。

つまり利息が利息を生むという驚愕の「複利」のパワー。

雪だるま方式でお金が増えていく「複利」のことを

著名な投資家ウォーレン・バフェットさんは「スノーボール」と呼んでおり、

物理学者アインシュタインは「複利は人類最大の発明である」と言っていたそうです。

最初は小さな雪の球でも、

コロコロ転がっていくうちに大きなお金になってゆくのです。

ですので楽天でのふるさと納税は、

「消費」ではなく「投資」と言えるでしょう。

お金大好き 投資は自己責任で

雨天中止。

ゴルフやり始めの頃は、雨天でもゴルフ行きたがりでしたが、

 

もう、そうじゃありません。

 

雨天ゴルフはしんどいです。

 

なんて言ったって、

 

職務上、風邪ひけないですからね。

 

今日は中止で正解でした。

 

こんな寒い中、4時間も冷たい雨に打たれ続けたら、

 

風邪ひきます。

 

おとなしく事務所で仕事に励んでいます。

 

焼け野原。

三宿のお客様に、

 

東京大空襲直後の三宿の街を写した貴重な写真を見せて戴きました。

 

いま目にしている街の光景が嘘のように、

 

一面が焼け野原。

 

嘘みたいに、焼け野原でした。

 

 

借地の話に切り替わりますが、

 

このように焼け野原になった際、

 

たくさん土地を所有している地主様は、

 

住む家が無くなって生活に困った人たちに対し、

 

安い地代(賃料)で土地を貸しました。

 

その当時の貨幣価値に近い水準の地代(賃料)のまま現在に至っており、

 

地主様は地代(賃料)を現代の貨幣価値に見合った水準に値上げしたいのに、

 

借地人様は「地代(賃料)を上げろだなんて強欲な地主だ!」

 

などと言わんばかりに値上げを拒否して永遠に借り続ける。

 

それが旧法借地権の現実です。